變更瀏覽模式

201003110905終於出盧了!!婚紗照…

這次能這麼快、這麼順利的拍完婚紗照

(繼續閱讀)

201002101838回家過年

這是最後一次在家過年了吧…

(繼續閱讀)

200911022114幸福というデザート

今天baby帶我去新宿的一間很cute的甜點店

(繼續閱讀)

200909082332冰箱 陣亡

從何叔叔那得到的新居之禮~冰箱

(繼續閱讀)

200908171419Hachiko: A Dog's Story

「HACHI/約束の犬」日本であろうがハリウッドであろうが、人間と犬の絆は普遍と実感HACHI/約束の犬」日本であろうがハリウッドであろうが、人間と犬の絆は普遍と実感

渋谷駅の前で主人の帰りを待ち続けた忠犬ハチ公。映画やドラマとなり、大勢の涙を絞った日本人好みの逸話に目をつけたのがチベット仏教徒としてのアジア人の精神性に重きを置くリチャード・ギアだ。  「脚本を読んだ瞬間、子供のように号泣した」と白状したギアが演じるのは、大学教授パーカー。出張帰りに駅で遭遇した子犬を連れ帰り、飼い主を探すまでのはずが……。つぶらな瞳の秋田犬と生活を共にすると、もうダメ。妻子も呆れるほどハチに夢中になり、ハチもそんなパーカーを一途に愛す。互いを徐々に探り合う過程は恋愛にも似ているし、2人の蜜月に愛犬家じゃなくとも頬がゆるむはず。ハチの視点によるローアングルのモノクロ映像(犬は色盲だからね)を挿入し、相思相愛ぶりを強調するラッセ・ハルストレム監督の演出もわかりやすくてよろしい。  とはいえ、本作の最大の貢献者にしてスターは、ハチ役の秋田犬たち。ふくふくしい子犬の愛らしさはもちろん、ご主人の他界を理解できずに駅で待ち続ける晩年を演じた老犬の哀愁漂う演技

(繼續閱讀)

200908162329WII FIT

家裡第一次有遊戲機

(繼續閱讀)

200907191941スケジュール

7/18 花火
7/18、19 土曜の丑の日 吃饅魚飯 
7/22~24 期末試験
7/25 隅田川花火
7/27 玩水
~~8/5 打工
8/5~8/12 回台灣
8/12~ 回日本,繼續打工
8/22~8/27 小美、惠儀來日本,征服富士山
8/26~8/28 インターシッブ説明会
9/1~10/31 インターシッブ

時間過得超快~
感覺好像才剛入學,一轉眼就學期末了
好久沒回家
超想看小屁的!!哈哈
希望他不會忘了我^^

(繼續閱讀)

第一頁  上一頁  1 2 3 4 5 6 7 下一頁  最後頁 
關鍵字
    沒有新回應!
新資料夾