201407021644ひとり酒場で-森進一

ひとり酒場で-森進一    :吉川静夫  曲:猪俣公章

 

   とうきょう     ひとり な          よる  く

ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る

りょうて               う           おもかげ

両手でつつむ グラスにも 浮かぶいとしい 面影よ

よる ぎんざ   の  さけ        み     むね

夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ

 

うそ  お     こい     す   わす

嘘で終わ 恋なんか 捨てて忘れて しまいたい

おとこ いじ           なが  むじょう      がわ

男の意地も おもいでも 流せ無情の ネオン川

よる ぎんざ   の  さけ       み     むね

夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ

 

くら とうきょう さかば   ゆめ         よ

暗い東京の 酒場でも 夢があるから 酔いにくる

こんや       さび             こ   い

今夜はとても 淋しいと とあの娘が ていた

よる ぎんざ   の  さけ       み     むね

夜の銀座で 飲む酒は なぜか身にしむ 胸にしむ

 

 

<獨自一人在酒店>

 

 

 

獨自一人在廣大的東京 哭泣的夜色降臨下來

 

雙手握住玻璃酒杯 浮現出了可愛的影像

 

夜晚在銀座喝著酒 不知為何滲入 痛徹身心

 

 

 

因謊騙而終結的戀情 想忘掉 全拋到九霄雲外

 

不管是男人的倔強還是回憶 皆隨無情的霓虹河流走吧

 

夜晚在銀座喝著酒 不知為何滲入 痛徹身心

 

 

 

即便在暗淡的東京酒店也有乘著夢想 前來買醉

 

「今晚非常孤單寂寞」 那個姑娘輕輕地說

 

夜晚在銀座喝著酒 不知為何滲入 痛徹身心

 

沒有上一則|日誌首頁|沒有下一則
回應
ようこそ
公佈欄
毎週一句
永遠のZARD
昔の名前で出ていますラブ.スト-リ-は突然に伝わりますか島唄天城越え舟唄浮草ぐらし雨よ降れ潮来笠つぐない望郷旅鴉時の過ぎゆくままに揺れる想い虚空風よ吹け鴎の願い港町十三番地やっぱ好きやねんYOSAKOI祭唄女心は港の灯なごり雪-坂本冬美2014.12.21屏東萬金立體聖誕光雕竹田の子守唄揚子江片戀酒川の流れのようにおまえとふたり裏町人生また君に恋してるあばれ太鼓~無法一代入り~北斗ルリカケス男と女居酒屋あの娘と野菊と渡し舟大阪しぐれリンゴ追分五能線女のブル-ス男の火祭り一陣の風心を開いて花はおそかった北陸ひとり旅手機上網如何聽到Xuite隨意窩日誌音樂歌謠圖文目錄津輕平野細雪more
找歌點我.歌名連結
累積 | 今日
loading......
    沒有新回應!
關鍵字
好友動態
[此功能已終止服務]





Powered by Xuite