201012022136玄界太鼓-林あさ美

                                               


 

玄界太鼓-林あさ美     詞:木下龍太郎    曲:岡千秋

 

  く  る ま ひ        けんか         みぎ  で    やつ    だれ

1人力車曳かせりゃ 喧嘩をさせりゃ 右に出る奴ぁ 誰もない

ど きょう いち だい あら      もの

   代 荒くれ者が

つの  おも    ばち 

募る想いを 桴に込め

げんかいだいこ    こ      

玄界太鼓の 焦がれ打ち

 

      よ  か   とくい             おぼ    こい 

2まるで読み書き得意じゃないが いつか覚えた 恋の字は

  かな        い てんばし

叶うものなら 韋駄天走り

       に            ひと

のせて逃げたい あの女を

      かく   まんじゅうがさ

 なみだ隠した 饅頭笠

 

 むね ほのお げんかいなだ しぶき あ       け

3胸の炎は 玄界灘の 飛沫浴びても 消せはせぬ

  み            し

見せちゃならない 知られちゃならぬ

     ごころ  はらが

みれん心を 腹掛けに

 ぎおんだいこ   むほうまつ

祇園太鼓の 無法松

 

1拉著車飛馳起來 幹起架來 無人能出其右

  論膽識確實過人 雖是個魯莽粗人

  將滿懷的感情 專致於鼓槌

  玄界太鼓 化思念而盡情敲打

 

2讀書寫字完全不擅長 何時方能學會愛戀情字

  果真能實現的話 以非常快速地腳程

  想載著那女子逃跑

  淚水隱藏在 饅頭斗笠下

 

3在心胸燃燒的愛之火苗 就是玄界海浪也澆不熄

  把不欲人曉 不為人知的

  愛戀心意 寄情於擊鼓圍兜

  盡情發洩在玄界太鼓的 無法松

 

 

沒有上一則|日誌首頁|沒有下一則
回應
ようこそ
公佈欄
毎週一句
永遠のZARD
昔の名前で出ていますラブ.スト-リ-は突然に伝わりますか島唄天城越え舟唄浮草ぐらし雨よ降れ潮来笠つぐない望郷旅鴉時の過ぎゆくままに揺れる想い虚空鴎の願い港町十三番地やっぱ好きやねんYOSAKOI祭唄風よ吹け女心は港の灯なごり雪-坂本冬美2014.12.21屏東萬金立體聖誕光雕竹田の子守唄揚子江片戀酒川の流れのようにあばれ太鼓~無法一代入り~裏町人生また君に恋してる北斗ルリカケスおまえとふたり男と女居酒屋あの娘と野菊と渡し舟大阪しぐれ一陣の風リンゴ追分五能線女のブル-ス男の火祭り心を開いて花はおそかった北陸ひとり旅手機上網如何聽到Xuite隨意窩日誌音樂歌謠圖文目錄津輕平野細雪more
找歌點我.歌名連結
累積 | 今日
loading......
    沒有新回應!
關鍵字
好友動態
[此功能已終止服務]





Powered by Xuite