201106120947下北漁歌-細川たかし(歌詞+中譯)

下北漁歌(しもきたぎょか)

唄:細川たかし 2004(平成16)

作詞:松井由利夫   作曲:聖川湧

 

まど つらら    ふた   お

窓の氷柱を 二つに折って   把窗戶上的冰柱折成兩段

さけ       いっき の  ほ  ちゃわんざけ

酒にぶちこみ 一気に飲み干す 茶碗酒    放入茶碗酒內一口氣喝乾

しけ    か       しゅう

時化には勝てない ヤン衆カモメ        逐鯡魚的海鷗抵擋不了暴風雨

うれ            しろい

嬉しがるのは  お白カモメ      高興的是白色海鷗

 

それも イッチャナ                       那樣也好吧

         しもきたおおまざき

ここはさいはて  下北大間崎      這裡是下北大間海角盡頭

 

なさ かさ       ふか

情け重ねりゃ  深みにはまる      堆積情感將會越陷越深

そで       ふ  みれん   しお

袖をふるにも  振れぬ未練の 潮けむり    甩袖也甩不掉依戀的浪花

いちにちの       いかり さ

一日延ばしじゃ 錨が錆びる        再延遲一天錨就會生銹

うみ おとこ  こんじょう にぶ

海の男の  根性も鈍る              海上男兒的志氣也會消磨

 

それも イッチャナ                     那樣也好吧

ゆめ     しもきたおおまざき

夢もしばれる 下北大間崎        連夢也會凍結的下北大間海角

 

 

 くになま            さけ

お国訛りで  つないだ酒も       喝以家鄉口音維繫生活的酒

うた なかじ   はま さかば  えんかぶし

歌で中締め  浜の酒場は 演歌節     也在海邊的酒店的演歌聲中停喝

い か ぼ すだれ    やませ  はし

烏賊干し簾に  山背が走りや   山上焚風吹襲到曬墨魚的竹簾

かぜ むか     こきょう  み

風の向うに  故郷が見える     在風的另一邊能看到故鄉

 

それも イッチャナ                    那樣也好吧

なみ はなさ   しもきたおおまざき

波の花咲く 下北大間崎          花泗濺的下北大間海角

 

回應

 

(街頭藝人)歡迎進來聽聽白川三郎日語演歌舞團現場演唱的日國台語演歌(影音)!如有活動邀請,請洽0956809988~,可留言或洽詢問白川三郎~ 三郎有數十年書法資歷。代寫各種對聯門联(新居落成聯、結婚聯).....

    沒有新回應!
平均分數:0 顆星
投票人數:0
我要評分: