200907281746フルーツバスケット Vol. 4~ "優しさ"と言うもの


 

草摩由希:本田さんは優しいね。

本田透:えー!そんな…そんな事言ってもらえたの、初めてです!うれしいです!

    あ、でも、これも私がいいと見られたいからしている偽善かもです。

草摩由希:いゃ…本田さんは天然だと思う。 (^_^;)

本田透:でも、疑うよりは信じなさいって、お母さんが言っていました。

    人は優しさを持って生まれてこないんだよって、生まれながらに持っているのは、食欲とか、物欲とか、そんな欲。つまり、生きる本能だけなんですって。

    優しさは、体が成長するのと同じで、自分の中で育ってていく心、良心なんだって。だから人によって、形が違うだって。

【本田今日子:欲望は誰かも生まれながらに持っているから理解しやすいけど、優しさは個人個人の手作りみたいなもんだから、誤解されたり、偽善だと思われやすいんよな。】

本田透:そう聞いて私、丸があったり、尖がりがあったり、いろんな形の優しさがあるのかと思うと、ワクワクしました。

    草摩君の優しさは、蝋燭みたいです。ほっと明かりが伴うのです。そうすると私は嬉しくて、びっくりしたくなるんです。

あ、蝋燭はやっばり変でしょうか。 Σ( ̄□ ̄|||)

《フルーツバスケット》Vol. 4

***

草摩由希:本田同學真是溫柔。

本田透:咦~!那、那個…被這麼稱讚還是第一次耶!好高興喔!

    啊,可是,這可能也是因為我想要被認為是好人而表現出來的偽善也說不定。

草摩由希:不…我覺得本田同學的溫柔是天生的。 (^_^;)

本田透:不過,媽媽有說過,與其懷疑不如去相信。

    她說,人並沒有帶著「溫柔」這樣的感情出生,在剛來到人間時所具有的,只有食慾、物慾等等的慾望。也就是說,只帶著動物的本能出生。

    溫柔的感情是在人逐漸成長的同時,在自己的內心裡慢慢培育出來的,也可以說是所謂的良心。所以對每個人來說,不同的人所培育出來的良心的形狀是不一樣的。

【本田今日子:慾望是每個人生來所具有的,所以很容易理解;但溫柔卻是每個人親手創作出來的東西,所以很容易受到誤解或被認為是種偽善。

本田透:聽媽媽這麼說的我,一想到人們的溫柔可能有圓形的、可能有角型的,可能有很多很多種不同形狀的溫柔,心裡就覺得好興奮喔。

    草摩同學的溫柔,是像蠟燭一樣的,伴隨著讓人心安的溫暖亮光。察覺到這一點,我覺得很高興,也有點小小的吃驚。

啊,用蠟燭來比喻果然很奇怪吧。 Σ( ̄□ ̄|||)

《魔法水果籃》動畫第4

沒有上一則|日誌首頁|沒有下一則
回應





Powered by Xuite
    沒有新回應!
關鍵字