200912040906つよがり

?Q
    88.        
    故作堅強                              

    詞/曲:桜井和寿 中譯作者:小孩社長

    凛と構えたその姿勢には古傷が見え
    重い荷物を持つ手にもつよがりを知る

    笑っていても僕には分かってるんだよ
    見えない壁が君のハートに立ちはだかってるのを

    蚊の泣くような頼りない声で
    君の名前を呼んでみた
    孤独な夜を越えて 真直ぐに
    向き合ってよ 抱き合ってよ 早く

    着かず離れずが恋の術でも傍にいたいのよ
    いつ君が電話くれてもいいようになってる

    話す相手も自ずと挟まってくんだよ
    ちっちゃな願いをいつもポケットに持ち歩いてるんだ

    「優しいね」なんて 買被るなって
    怒りにも似てるけど違う
    悲しみを越えて 真直ぐに
    向き合ってよ 抱き合ってよ 強く

    愛しさのつれづれで かき鳴らす六弦に
    不器用な指が絡んで震えてる

    たまにはちょっと自信に満ちた声で
    君の名を叫んでみんだ
    あせらなくていいさ 一歩ずつ僕の傍においで
    そしていつか僕と 真直ぐに
    向き合ってよ 抱き合ってよ
    早く 強く あるがままで つよがりも捨てて

    在那裝作凜然靜肅的模樣裡 讓我看見了過往遺留的傷痕
    連提著沉重行李的手 也能察覺得到妳故作的堅強

    即使你開懷地笑著 也無法掩飾妳脆弱的自我
    無法言語的阻礙 佇立在妳此刻的心中

    用像蚊子般無以為藉的聲音
    試著呼喊了妳的名字
    越度過孤獨的夜晚 毫無掩飾地
    和妳相互對面 和我相擁吧 快啊

    就算若即若離才是維繫愛情的方法 我也仍想留在妳的身邊
    不管在什麼時候只要聽到了電話另一頭妳的聲音 就能讓我變得自在

    能和我談心的人也慢慢隨時間減少
    但我仍總是隨身在我的口袋裡裝進許多渺小的夢想

    我沒有妳口中所說的那般溫柔
    雖說像似生氣但不是我的真意
    越過悲傷的盡頭 毫無掩飾地
    和妳相互對面 和我相擁吧 快啊

    沉溺於過度無盡的愛戀 而在撥彈的六根弦上
    不中用的指頭糾纏在一起 顫抖不已

    有時我會用有點自信的聲音
    叫喊妳的名字
    不用焦急一步一步地到我身邊來
    然後有一天和我毫無掩飾地
    真誠相對吧 深情相擁吧
    再快一點 再用力一點 做妳原來的自我 不要再故作妳偽裝的堅強


    回應
    DISCOGRAPHY
    OPTION
    累積 | 今日
    loading......
    關鍵字