[剪報]Digital Hollywood & Second Life共同召開特別研討會! @ 阿祥的網路剪貼本 :: 隨意窩 Xuite日誌
  • 關鍵字





  • Powered by Xuite
  • 我的MyShare
  • 喜歡玩遊戲並研究有關遊戲的議題,對於網路上的服務、次文化也相當有興趣,此外我也熱愛3C產品,是個幻想成為科技敗家族的窮小子!

    1. 沒有新回應!
  • Foot Steps
  • 貼紙蒐集簿
  • counter

    200701221641[剪報]Digital Hollywood & Second Life共同召開特別研討會!
    剪報來源:Game Watch(日文)

    以下為報導原文與不專業的翻譯…(感謝同事嘴炮魔人日文達人Max大大支援!)

    デジタルハリウッド、「Second Life」の特別セミナーを開催
    仮想世界で生まれる新たなライフスタイルとビジネス



    1月17日開催

    会場:デジタルハリウッド大学大学院

     デジタルハリウッド大学大学院は1月17日、同学院内において、米Linden Labが開発・運営している「Second Life」に関するセミナーを開催した。今回は、本作のコミュニティーの形成促進を担当しているRobin Harper氏から、「急増するユーザーを支える、現場責任者が語る~セカンドライフ・コミュニティの特徴とビジネスへの影響~」と題し、「Second Life」の概要と将来像が語られると共に、デモプレイにより実際の架空世界の様子が紹介された。

    Digital Hollywood & Second Life共同召開特別研討會
    從虛擬世界中產生出新的生活方式與商業行為


    Digital HollyWood大學研究所於117日召開了一個研討會,以“Second Life”這個美國林頓實驗室(Linden Lab)開發營運的遊戲為主題。“Second Life”這個作品的社群推廣負責人Robin Harper也以快速增加的使用者為基礎,管理者如何因應、Second Life的社群特性與商業活動的影響為題,進行討論。此外,“Second Life”的概要,以及未來的發展也在此研討會提及。會中也實際地進行遊戲來介紹遊戲中所謂真實的虛擬世界的樣貌。

     


    ■ 新しいコミュニケーション空間に、ビジネスチャンスを見出す個人や企業


    Linden Lab VP Community Development and SupportのRobin Harper氏。「Second Life」の概要や将来像を紹介しただけでなく、デモプレイにより実際の世界を案内してくれた

    擔任林頓實驗室VP Community研發與支援的Robin Harper。以Demo plya介紹“Second Life”的世界與未來發展的願景。


    Linden Labの日本を担当する事業戦略マネージャー 土井純氏。今回のセミナーでは通訳を担当した

    林頓實驗室日本事業戰略經驗土井純,擔任此次研討會的翻譯。
     「Second Life」は、米Linden Labが開発し、2003年6月より正式サービスをスタートした3Dデジタルワールドだ。ユーザーは3Dグラフィックスで表現された仮想世界の住人として文字通り「第2の人生」を楽しむことができる。Linden Labは基本的には土地を提供するのみで、建物を建て、街を形成するのはユーザー達の手にゆだねられている。

    個人與企業,從新社群中尋找獲利機會


    Second Life這個以3D建構而成的數位世界,是由美國的林頓實驗室所開發,並於20036月正式營運。如遊戲名稱的字面解釋,使用者可以享受他們的2人生,一個由3D表現的虛擬世界居民。此外,林頓實驗室也將建構建築物、規劃城鎮的權力,下放給使用者。

     現在の登録ユーザー数は250万人を突破している。対応OSはWindows 2000/XP、Mac OS X: 1.13.1.6、Linux(現在β版)となっている。現在クライアントは英語版のみだが、日本語版クライアントも開発中であり、2月~3月にも公開される予定だという。

    目前遊戲中的註冊會員已經超過了250萬人,而遊戲對應的作業系統也包括了Windows 200/XP、Mac OS X 1.13.1.6和Linux(目前為beta測試版)。目前客戶端程式僅有英文版,不過日文版正開發中,預定2-3月間將對外開放。

     本作は18歳以上のユーザーを対象にしていて、最初のアカウントは無料でプレイできる。月額9.95$の料金を払うことで、プレミアム会員となり、ゲーム内の土地を1カ月所有することができる。多くの土地を所有したい場合はそれに応じて料金がかかるようになっている。もちろん、土地を所有せずに世界を気ままに散歩する、というプレイも可能だ。

    這個作品的目標市場定位於18歲以上,在遊戲初期登錄的帳號是免費提供的,使用者可付出每月9.95美金的費用轉換為付費會員。付費會員可獲得擁有遊戲世界中土地一個月的權利,並根據付費的多寡來決定擁有更多的土地。當然,即使沒有土地的使用者也能自由的在Second Life的世界中閒逛。

     「Second Life」は厳密にはゲームではなく、明確な目的が提示されていない。ユーザー達は、無料で入手できる3Dオブジェクト作成ツールを駆使してキャラクタのアクセサリや、建物、さらには公園や遊園地などの広大な空間まで、自由に作成し、自分で使用するだけでなく、他プレーヤーに対しても自由に取引することができる。Linden Labの表現を借りれば、作成できるコンテンツは、へそピアスから500メートルの超高層ビルまで。「Second Life」では圧倒的な自由がプレーヤーに与えられている。

    “Second Life”不是一個嚴謹的遊戲,對玩家來說,也沒有什麼明確的目標,一切都是自由的,玩家也擁有免費的3D物件製作工具,讓玩家自由操 控人物去製作配件、建築物、甚至是公園或遊樂園。此外,玩家也能自由地彼此進行交易。由林頓實驗室提供的表現方式,甚至是連500呎的摩天大樓這樣的內容 也能被創造出來,這樣廣大的自由度,在“Second Life”中都確實的給予玩家!

     ユーザーが製作したコンテンツの著作権はユーザーに帰属し、商品の取り扱いもユーザーの手にゆだねられている。この世界の通貨はL$(リンデンドル)というもので、これを消費することで他プレーヤー達が販売しているアイテムを購入できたり、アトラクションを楽しむことができる。公式ページ内の「LindeX」では、L$と現実の米$との換金が可能になっている。「Second Life」内で積極的に商品を製作して販売し、稼いだL$を米$に交換することで生活の副収入としているユーザーも多いという。

    使 用者在遊戲中創造的東西,其著作權都歸屬於使用者本身,像是日用品的製作權,也都確實下放給使用者。在遊戲中通用的貨幣被稱為“L(林頓元),藉由通 用的貨幣,使用者可以用來購買其他玩家販售的東西,這一點也是引人入勝之處。在官方提供的“LindeX”網站,提供玩家將林頓元兌換為美金,虛實匯兌的 機制已成為現實。“Second Life”中已經有許多玩家積極地製作不同的日用品並販售,藉此賺取更多的林頓元來換取美金,為現實生活帶來額外的收入。

     他にも企業向けに依頼を受けて、「Second Life」内の施設をデザインする会社なども立ち上げられている。単純なアイテムの売買だけでなく、様々な形のビジネスが「Second Life」の世界ですでに行なわれている。ユーザーも、無料の商品を置いたり、凝った看板を設置したり、コミュニティースペースに商品を陳列したりと、様々な方法でユーザーの関心を惹く工夫をしている。コンテンツを作るだけでなく、販売することに魅力を感じているユーザーも多い。

     其他企業而來的要求,“Second Life”中也為這些企業設計了便利的設施,不僅讓使用者易於買賣物品,也讓各類產業的形象建立於“Second Life”的世界中。使用者也能自由將商品上架,甚至設置引人注目的招牌,在這樣的社群空間中,展示自己的貨物。很多企業都對這樣的方式深感興趣,在這裡,不僅是內容的製造,也會讓多數的使用者對產品內容感到相當的興趣。

     「Second Life」は2006年に入ってから爆発的にユーザーが増加し、活発になった。これは無料でアカウント作成が可能になったことに加え、IBMやDell、ロイター通信など多くの企業が本作に参入し、“施設”を建設したことで、メディアの注目を集めたことが大きいという。映像配信メーカーの施設では、施設のモニターから現実世界のCF等の映像をストリーミングを通じて見ることも可能だ。施設によっては現実の商品を販売するWebサイトへアクセスできるインターフェイスもある。「Second Life」内では、現実の品物の宣伝もごく当たり前のように行なわれているのだ。

    “Second Life”在2006後的使用人數爆發性的成長,內容也益發活躍。愈來愈多的企業都注意到這個龐大且具吸引力的媒體,像是IBM、Dell和路透社,都在這個世界中開展了事業,並建構了“事業部門”於此,並傳遞他們的產品給其他使用者。其中可能的產品包括了現實世界中的廣告影片、運用串流技術在虛擬世界中的螢幕撥放。在虛擬世界中也擁有存取網站功能的界面,在這裡,實體產品也能依照此種簡單的方式售出。對於實體商品來說,“Second Life”確實像是一種自然而然的廣告。

     ユーザーは、服やアクセサリー、髪型や建物といったオブジェクトを作るだけでなく、プログラムの知識があれば「Second Life」内でプレイできるミニゲームをサービスすることも可能だ。中には、ユーザーが作成したプログラムの中には自分の言葉を他言語に翻訳してくれるツールもあるという。施設の中を巡回する乗り物を作り、ツアーを“サービス”し、サービス料を受け取るユーザーもいる。

    使用者不僅只能製作衣物、配件、髮型和建築物,甚至連小遊戲也能出現於“Second Life”之中,只要使用者具備程式撰寫的能力。在這個虛擬世界中,有擁有可以轉譯現實世界程式語言的工具,甚至這樣的工具也是使用者自行製作出來的。此外,交通工具在這個虛擬世界中也具備,甚至也有使用者以提供付費交通運輸為生。

     デジタルハリウッド大学大学院では2006年より「セカンドライフ研究室」を設立し、関連書籍の出版や、「セカンドライフ・トレーニング講座」などを開催している。スタッフはLinden Labでトレーニングを受け、今後、「Second Life」を様々な形で紹介していくという。トレーニング講座では基本概念だけでなく、「Second Life」内での起業の方法やビジネスモデルの紹介、オブジェクトの作成の仕方などを指導していく。

    2006年,Digital Hollywood大學研究所成立了“Second Life研究室”,並出版了相關的研究書藉,並舉辦“Second Life 訓練課程”講座,這個小組並與林頓實驗室共同舉行訓練。這個課程中,也將介紹“Second Life”各式不同的樣貌,不僅是傳授“Second Life”基本的建構概念,也說明了整個商業模式。

     デジタルハリウッド大学大学院は講座や出版を通じて、「Second Life」を利用したビジネスを提示すると共に、卒業生によるスタッフの提供を行なっていくという。ゲーム内で起業し、ビジネスが展開できる「Second Life」はそのコンテンツの独自性と共に、それを使って更にビジネスを展開しようという企業の動きも面白い。「Second Life」を題材とした日本でのビジネスの展開にも注目したいところだ。

    Digital Hollywood大學研究所表示,在這個課程中貫穿呈現的是企業運用“Second Life”的方式,並提供參與學員出版品和學位。這個課程相當適合對在“Second Life”中建構、開業並提供原創的內容有興趣的人。在日本,“Second Life”將成為一個受企業關注的主題。

    【スクリーンショット】









    「Second Life」のスクリーンショット。様々なセンスを持ったユーザー達が思い思いの世界を作っている。その混沌とした雰囲気も本作の世界の大きな魅力だ

    “Second Life”的遊戲畫面截圖。使用者用不同的概念塑造他們理想中的世界,導致這個作品成為一個充滿著意外的環境,正是這個世界最大的魅力。 

     


    ■ 無数のユーザーによって構築される「Second Life」の世界

    Robin氏自慢の庭園。多くのユーザーの協力によって作ることができたという

    Robin引以為傲的庭院,由多名使用者共同合作產生。

    「Second Life」は巨大な大陸のメインランドと、オーナーが管理するアイランドによって構成されている。アイランドはオーナーやコミュニティによる独自のルールが設定されている

    “Second Life”由一個龐大的大陸和數個私人管理的島嶼所組成,並按照所有者和社群來規範。
     Robin氏はセミナーの最初に、スライドを使ってユーザーの傾向を説明した。現在、「Second Life」のアクティブユーザー数は55万人。男女比は男性が57%、女性が43%。国別では北米のユーザーが50%を占め、残りの50%はアジアとヨーロッパのユーザーがしめる。日本人も1万人以上が参加しているという。

    由無數使用者所建構出的“Second Life”世界

    在研討會中,Robhin 用投影片解說了使用者的性向。目前在“Second Life”中活動的使用者大約有55萬名,從性別來比較,其中57%是男性,43%為女性。以地域來分,50%的使用者位於北美,其他50%則分佈於亞洲、歐洲。至於日本的使用者則是佔了1萬人左右。

     本作ではアイテムの取引の他、ユーザーイベントも盛んで、結婚式やコミュニティーのディスカッション、プロのアーティストによるコンサートなども行なわれている。デュラン・デュランのライブも行なわれる予定だ。イベントの中にはLinden Labの運営方針に対する抗議デモも行なわれたこともあった。また、大学など教育機関も「Second Life」に取り組んでいて、東京大学でも施設を作る予定があるという。

    在遊戲中,使用者的活動有物品的交易、以及有關結婚典禮的討論社群、其他專業性社群,甚至也有專業的藝術家舉行演唱會 ,像是Duran‧Duran這個知名樂團也預計將在遊戲中表演。其他像是街頭抗議林頓實驗室政策執行的活動也都真實呈現於遊戲中。此外,在“Second Life”裡也有教育機構運作其中。未來,東京大學也預計將設置設施於“Second Life”之中。

     Robin氏はコミュニティと運営の連動に関して、「コミュニティを形成しているユーザー達はオーナーシップを持とうとする。大切なのはそのコミュニティをいかに取り込んでいけるかと言うこと。ユーザーの輪に入り、彼らが何をしているかを直接聞いてみることも大事だ。ユーザーからのフィードバックをきちんと受け止め、信頼関係を作っていくことが大切だ」と語る。

    Robin表示,社群與營運之間的連動方面,使用者體現了整個社群、試圖取得所有權。因此,管理者如何與社群保持密切的關係、保持連繫是相當重要的,管理者必需傾聽使用者的意見、直接地去了解他們做了什麼。如何從使用者處安全地獲取回饋相當重要,也需與他們保持信賴且良好的關係。

     

     Linden Labはユーザーのコミュニティを活発にするために、Blogと連動させることのできるインターフェースなどを整備すると共に、新しいプレーヤーの動きにも常に注目している。ユーザーの予測もつかない行動は常にエキサイティングだとRobin氏は語る。「Second Life」のサービススタート直後に、いきなりユーザーが天にまで昇る豆の樹を一夜にして作り上げ、その横に小さな、内部まで作り込まれた家を建てているのを見て、Robin氏はとても驚かされたという。

    林頓實驗室為了保持社群的活躍,特別把遊戲界面與部落格結合,隨時都可以觀察到新玩家的活動。Robin也提到,這樣的系統便於評估使用者的行為,在此系統開始實裝於“Second Life”之後,使用者好像一夜之間獲得直通天堂的豆樹,雖然不大,但玩家很快就能建造出一個像樣的家,這是讓Robin很驚訝的地方。

     

     「Second Life」はユニークな想像力を持ったプレーヤー達に溢れている。宇宙船やオブジェクトを配置し「スター・ウォーズ」を模した世界観を構築しているユーザーもいれば、様々な国の文化様式を活かした世界も作っている。本作の世界は広大なため、初心者はどこへいったらいいかわからなくなってしまう場合もある。彼らの手助けをしたり、新しいことをしようとするユーザーの技術的なサポートもLinden Labは行なっているが、ユーザー間でも積極的にサポートが行なわれている。

    “Second Life”這個地方充斥著使用者獨一無二的想像力,甚至有使用者仿造現實世界,用太空船和其他物件建造了一如電影“星際大戰”的景物,此外,世界上各國不同的文化也在遊戲中一一體現。這個世界可說是相當的龐大,對於初心者來說沒辦法立即理解全貌,因此在使用者間的技術支援也是相當必要的,當然也包括來自林頓實驗室的協助。

     Robin氏は今後の「Second Life」に実装する機能として、キャラクタ登録時にスタート地点を文化圏に即した形で自動的に振り分ける機能や、両替機能の強化、さらにはボイスチャットの導入、そしてコミュニティーやオブジェクトなどをより細かく検索できる機能、といった要素を提示した。また、1月より行なわれた「Second Life」のオープンソースによるユーザーの協力によるバグフィックスや、クライアントソフトそのものの機能の充実、改良にも期待しているとのこと。

    Robin也提到,今後“Second Life”角色登錄時,系統將增加於初始地點文化圈形成的自動規劃機能,以及各種參數轉換機能加以強化,未來,“Second Life”將會新增功能,針對使用者文化圈的不同搜尋適當的簡介、社群並可使用語音聊天。這個系統將於1月份完成,其他諸如使用者期望的元素都將一一完成,包括Bug修正改進,而“Second Life”的使用者端軟體也將以開源碼的方式,與使用者共同開發改進。

     Robin氏のデモプレイを見ながら、筆者はやはり本作はMMORPGとはまったく違うという感想を持った。「Second Life」の世界は、統一されたクリエイターの意志により提供されるエンターテイメント空間ではない。多くの人の思惑が自由に、無秩序に、そしてダイレクトな形で主張されている。とりあえずキャラクタを作り、思うままに歩いてみたい、と強く思った。

    在看過Robin的Demo簡介後,筆者(此篇報導執筆者)對於這個作品的印象完全不同於其他MMORPG。“Second Life”這個世界並非是一個由製作者意志所提供的娛樂性的空間,而是由眾多使用者自由表達出來的形態,一個無秩序的地帶,我認為這是相當強大的力量,使用者可以很主觀的製作,不論是何種想法都能實現。

     形成されるコミュニティや、ユーザー同士の関わり方もMMORPGとは全く異なるものになりそうだ。目的がゲーム以上に多様な本作に物足りないものを感じる人もいれば、“「Second Life」こそ望んだ世界だ”という人もいるだろう。本作はMMORPGとは似て非なる世界だ。特にMMORPGプレーヤーに触れてもらい、その感想を聞いてみたいコンテンツである。自分がオンライン世界に何を求めているか、改めて気付かされるかもしれない。

    在這個作品中,社群形成的關係、使用者相關的東西完全不同於其他MMORPG,雖然有些人認為,這樣的遊戲是玩家渴望的世界,但也有人認為這樣的作品仍不足以滿足。不過,這個遊戲與MMORPG來說是完全相異的世界,如果是一般的MMOPRG的玩家接觸了“Second Life”這個作品,可能會相當失望,因為這樣的內容或許不是他所追尋的線上世界。或許他們是想做一個不同於其他遊戲的改變吧!

    ユーザーの分布。日本のユーザーも急激に増加しているという。女性が多いのも大きな特徴だ

    使用者分佈圖。日本的使用者快速增加,其中女性使用者更是主要的一群。

    この世界ではほぼ毎日どこかでユーザーがイベントを開催している。企業がスポンサーとなって、プロのアーティストのイベントなども行なわれている

    這個世界中使用者每天都進行著不同的活動。企業也以贊助者的方式進入遊戲,而專業的藝術家也在此表演。

    今後、検索機能やボイスチャットの実装が予定されている。また、ゲームクライアントに相当するビューアーにオープンソースになったことで、ユーザーの手によるカスタマイズ・改良も期待されている

    未來,搜尋功能和語音聊天功能都規劃進行中,而用戶端軟體也將以開源碼的方式讓使用者客製化以符合期望。

    【デモプレイ】
    米SONY BMGの施設。広大な施設ではストリーミングにより様々なコンテンツを試聴可能な他、販売サイトにリンクすることで現実の商品も購入できる

    美國SONY BMG於遊戲中的設施,使用者可以串流方式試聽各類內容,並可聯結至實體商品的販售頁面讓使用者購買,商機無限。

    スタートの島。多くのプレーヤーがチュートリアルを体験中だ

    初始玩家的新手島,玩家可在此體驗並接受教學。


    こちらは初心者との出会いの場。様々なプレーヤーのパフォーマンスの場でもある

    在這裡可以看到其他的初心者,這裡是玩家們的表演舞台。




    動物型のアバターはプレーヤーの間で人気が高い

    動物型態的Avatar在玩家之間相當有人氣。

    Robin氏お気に入りのバー。ここで友人と話したり、踊ったりしているという

    Robin最喜愛的酒吧,在此可以和朋友聊天、跳舞。

    こちらはLinden Labの島にあるRobin氏の茶室

    位於林頓實驗室的島嶼,Robin的茶室。
    スウェーデンの人のコミュニティ。案内もその国の言葉で書かれている

    瑞典人的社群,也有瑞典文撰寫的使用者指南。

    Copyright 2007, Linden Research, Inc. All Rights Reserved.

    □Linden Labのホームページ
    http://lindenlab.com/
    □デジタルハリウッドのホームページ
    http://gs.dhw.ac.jp/
    □「Second Life」のページ
    http://secondlife.com/world/jp/

    (2007年1月19日)

    [Reported by 勝田哲也]


    [Wii]化身隨身主機?Eng...|日誌首頁|[剪報]遠見 - Yahoo!...上一篇[Wii]化身隨身主機?Engadget自製攜帶版Wii!...下一篇[剪報]遠見 - Yahoo!奇摩7億併購無名小站後 Web2.0只能嫁入豪門做細姨?...
    回應