飲馬長城窟行(佚名) (いんば ちょうじょう くつこう_いつめい) @ xilin詩詞欣賞 :: 隨意窩 Xuite日誌
  • 大家好!這裡紀錄我所看的想的一切,如果想要認識我,就要常常來逛我的部落格唷!
    我的

    日本雅虎的家
    【Xilin の Global Village 】 
    【hsilin331210 】Pchome
    kirin2010  yam天
    puydufou2005的部落格】udn
    taiwanian2011的部落格】痞客邦PIXNET
    My Presentations-SlideBoom

  • 平均分數:0 顆星
    投票人數:0
    我要評分:
  • 關鍵字
  • 現在時刻
      1. 沒有新回應!
    • 訪客來自哪幾國
    • 有幾位線上訪客
      (online visitor)
      Locations of visitors to this page

      free counters






    • Powered by Xuite
      201010090947飲馬長城窟行(佚名) (いんば ちょうじょう くつこう_いつめい)
      平均分數:0 顆星    投票人數:0
      我要評分:

      飲馬長城窟行 http://tw.knowledge.yahoo.com/question/question?qid=1105061701476

      飲馬長城窟行
      http://blog.udn.com/m100227459/3790979

      青青河畔草,綿綿思遠道。

      遠道不可思,宿昔夢見之。

      夢見在我旁,忽覺在他鄉。

      他鄉各異縣,輾轉不相見。

      枯桑知天風,海水知天寒。

      入門各自媚,誰肯相為言。

      客從遠方來,遺我雙鯉魚。

      呼兒烹鯉魚,中有尺素書。

      長跪讀素書,書中竟何如。

      上言加餐食,下言長相憶。


      河邊青草連綿,引起我無盡的思念,思念那遠方的良人。

      可是這一份相思,卻無從獲得寬慰,我只能在夜夜夢中見到他。

      夢裡他分明在我身旁,而好夢乍醒,才知道他依舊遠在異鄉。

      異鄉是那麼遙遠,他的行蹤又漂泊無定,想要見面真是難之又難啊!

      枯桑雖無枝葉,也能感受到北風的凜冽;海水雖不結冰,也能感覺到天氣的嚴寒。

      何況人呢?只見別人各自回家歡聚,誰肯對我稍加安慰?

      有個客人,打從遠方而來,帶給我一封信。

      趕忙叫僮僕把封函拆開,裡面有一塊一尺長、用白絹裁成的信箋。

      我伸直了腰跪著讀信,信裡到底寫些什麼呢?

      開頭叮囑要好好的保重身體,結尾訴說他永遠的思念。

      雙鯉魚意旨書信 那為何用雙鯉魚呢?
      http://tw.knowledge.yahoo.com/question/question?qid=1305082607152

       

      “飲馬長城窟行”是漢代樂府古題。相傳古長城邊有水窟,可供飲馬,曲名由此而來。
        這首詩在《文選》載為“古辭”,不署作者。

      《玉台新詠》中署作蔡邕(ㄘㄞˋ ㄩㄥ)。是否為蔡邕所作,歷來有爭議。

       

      古詩十九首
      http://www.chinapage.com/big5/poetry/19.htm

      古詩十九首是一組中國五言古詩的統稱。這些詩共有十九首,一般認為是漢朝的一些無名詩人所作。最早由梁代蕭統編入《文選》,並命名「古詩十九首」。古詩十九首在歷代都被給予了很高的評價,對後世的詩歌創作有巨大影響。

      古詩十九首每一首都沒有詩題,後人為區分的方便把每首詩的首句用作詩題。一般認為是一組抒情詩,其主要內容為描寫夫婦、戀人和朋友間的離別和思念、士人的失意與願望,經常透露出人生無常、生命苦短的情緒。

      古詩十九首(こしじゅうきゅうしゅ)
      中国、『文選(もんぜん)』巻29に収める作者不詳の五言詩。前漢から後漢(ごかん)にかけて
      成立した五言詩の代表的な作品を集めたもので、一部を除き、ほとんどは後漢の時期の作品と推
      定される。「古詩」はこの場合、作者不詳の古い詩の意。ただし作者に関しては、『玉台新詠(
      ぎょくだいしんえい)』では19首中の8首を前漢の枚乗(ばいじょう)の作とし、ほかにも後漢の
      傅毅(ふき)、魏(ぎ)の文人たちを作者に特定する説が諸書にみえるが、いずれも確証に乏しく
      、疑わしい。むしろ作品の内容から考えれば、名のある文人の作とするよりは、民間歌謡としての
      色彩が濃い。当時、民間に流行していた楽府(がふ)歌謡から生まれた五言詩の最初期の作品が集
      められているのであろう。十九首全体は、別離や不遇あるいは人間の短命など、人生の悲しみや不
      満を歌う叙情的なもので、民衆の共通感覚を反映する。『文選』編纂(へんさん)当時、数十首に
      上る「古詩」が存在していたらしいが、いまは十九首以外に十数首が伝わるだけである。

      魚に纏わる諺言
      http://home.att.ne.jp/grape/shindo/kotowaza.htm

      飲馬長城窟行練習題@ 四庫經典城市-國文網誌:: 痞客邦
      http://home.att.ne.jp/grape/shindo/kotowaza.htm

      古詩吟唱 飲馬長城窟行 - 文 苑 - Yahoo!奇摩部落格
      http://tw.myblog.yahoo.com/poemyuan-1122/article?mid=-2&prev=2421&l=a&fid=41

       

       

      蔡邕(さいゆう),東漢陳留人,字博喈,博學,好辭章,尤工八分書,熹平中為議郎,奏定六經,刻石太學,是為熹平石經。 後因直諫得罪宦官而下獄,之後被流放於朔方,遇赦返回洛陽。董卓擅政時,為了籠絡人心,便請名士蔡邕至京師,封他作官,對其十分敬重,三天內連升三級,官至中郎將。之後王允誅董卓, 蔡邕為董卓幕僚,因此被捕下獄,後死於獄中。著有獨斷及蔡中郎集。

      ―賞琴一杯清茗―
      http://orange.zero.jp/zad70693.rose/sencha/sencha005.html

      古代史獺祭 後漢書 卷九十 烏桓鮮卑列傳第八十 (鮮卑)(フレームヘッダ)
      http://www001.upp.so-net.ne.jp/dassai/gokann/senpi/senpi_head.htm

      古代史獺祭
      http://www001.upp.so-net.ne.jp/dassai/index.htm

       


      琵琶記(1351年頃成立)
      http://www11.plala.or.jp/kunqu/sakuhinshokai/pipa.html

       

      正文 第四十八章表字文姬
      http://ck101.com/viewthread.php?tid=1545086&extra=&page=14

      飲馬長城窟行(佚名)
      http://tw.knowledge.yahoo.com/question/question?qid=1607101302588

      牛寅書舍_詩詞小說
      http://www3.telus.net/arts/index.html

      《陌上桑》五言詩,共二百六十五個字。
      http://web2.tcssh.tc.edu.tw/school/guowenke/new_page_209.htm

      飲馬長城窟行(佚名)いつめい
      http://tw.knowledge.yahoo.com/question/question?qid=1607101302588

      古詩吟唱 飲馬長城窟行
      http://tw.myblog.yahoo.com/poemyuan-1122/article?mid=2418&prev=2421&next=2415&l=f&fid=41

      漢樂府:青青河畔草 綿綿思遠道
      http://www.singtaonet.com:82/culture/poetry/t20060316_167133.html

      第十五課 飲馬長城窟行
      http://content.edu.tw/senior/chinese/ks_rs/test/time/book/book1/15.htm

       

       行雲流水-搜狐博客
       
      http://ayuandeng.blog.sohu.com/rss
       
       【大中国艺术部落】【精品画作】原创国画唐诗三百首(13) - 大中国艺术部落 - 文学艺术 - 搜狐圈子
       
      http://q.sohu.com/forum/14/topic/45998099
       
       
       在獄詠蟬_駱賓王 - 詩_律詩 - 世界之门书库
       
      http://book.edoors.com/chapter/9883/20 

       

      飲馬長城窟行(いんばちょうじょうくつこう) 陳琳(ちんりん)

      飲馬長城窟
      水寒傷馬骨
      往謂長城吏
      慎莫稽留太原卒
      官作自有程
      舉築諧汝聲
      男兒寧當格鬥死
      何能怫鬱築長城
      長城何連連
      連連三千里
      邊城多健少
      內舍多寡婦
      作書與內舍
      便嫁莫留住
      善侍新姑嫜
      時時念我故夫子
      報書往邊地
      君今出語一何鄙
      身在禍難中
      何為稽留他家子
      生男慎莫舉
      生女哺用脯
      君獨不見長城下
      死人骸骨相橕拄
      結發行事君
      慊慊心意關
      明知邊地苦
      賤妾何能久自全

      建安七子又號鄴中七子,是指東漢末年漢獻帝年間的七位文學家:
      孔融、陳琳、王粲、徐幹、阮瑀、應瑒、劉楨。
      同時代曹丕的《典論·論文》首次將他們相提並論,七子與「三曹」往往被視作三國時期文學成就的代表。
       

      建安七子
      http://content.edu.tw/senior/chinese/ks_rs/content/chinese/wen/wei/choupi/seven.htm

      建安七子簡介
      http://mail.cs.nchu.edu.tw/~s9156011/Data20.htm

      建安七子の一人。
      初め何進に仕えたが後に袁紹のもとへ。
      そこで文章を司った。
      袁紹と曹操が対峙するにあたり、袁紹のために檄文を書く。
      しかし袁紹が敗北し曹操に降伏。
      その見事な出来栄えに敵方の曹操は殺さずに自分の下において文章を書かせた。

      馬を長城の窟に飲み

      水寒くして馬骨を傷つく

      往きて長城の吏に謂うらく

      「慎みて太源の卒を稽留する莫れ」と

      「官作(かんさく)自ら程有り

      築を挙げて汝の聲(こえ)を諧(かな)へよ」

      「男兒は寧ろ當(まさ)に格闘して死すべし

      何ぞ能(よ)く怫鬱(ふつうつ)として長城を築かん」

      長城何ぞ連連たる

      連連として三千里

      辺城に健少多く

      内舎に寡婦多し

      書を作りて内舎に臾(あた)う

      「便嫁(べんか)して留往する莫れ

      善く新姑[女章](しんこしょう)に侍し

      時時我が故夫の子を念(おも)え」

      報書の辺地に往くや

      「君今語を出す一に何ぞ鄙(いや)しき」

      「身は禍難の中に在り

      何為(す)れぞ他家の子を稽留せん

      男を生まば慎みて挙ぐる莫れ

      女を生まば哺するに脯を用いよ

      君独り見ずや長城の下

      死人の骸骨相トウ[手主](しゅ)するを」

      「結髪(けつはつ)より行きて君に事(つか)へ

      心意の間に慊慊(けんけん 」たり

      明らかに辺地の苦を知る

      賤妾(せんしょう)なんぞ能く久しく自ら全(まっと)うせん」

       


       
      万里の長城の岩窟で馬に水を飲ませていると
      水は冷たく寒気は馬の髄を損なうほどであった
      役卒はその苦難に耐えかねて長城の官吏に謂う
      「どうか太源の卒を引き留めず返してください」と
      「官の仕事には日程があるのだ
      ぐずぐず言わずに皆と声を揃えて築城の仕事に精を出せ」
      役卒は憤慨して「男児たるもの敵と闘って死ぬべきだ
      何でこんな所でいつまでも長城を築かなければならんのだ」と
      長城はよくも長々と続いているものだ
      それは連なること三千里
      この辺城にかりだされた丈夫な若者は国境に多いが
      郷里の留守宅には寡婦が多い
      役卒は手紙を書いて留守番の妻に送る
      「伝を得て再婚するが良い、我が家にとどまる事はない
      再婚したら嫁先の舅姑に善く仕え
      時時はもとの夫の子を忘れずにいてくれ」と。
      その返事が届いた
      「あなたはなんと言うつまらない事をおっしゃる」と。
      夫はまた書く「今自分はこんな災難に遭っていていつ死ぬか分からぬ身だ
      どうして他家の女を引き留めておけるものか
      他家に嫁に行ったら男児が生まれたら取り上げぬが良い
      女児を生んだら大切に育てなさい
      君はこの長城の下が見えないのか
      築城で犠牲になった骸骨がお互いに重なり合ってるんだ」と
      妻は答えて「あなたに出会ってともに暮らし
      今日まで何不満無く過ごしてまいりました
      あなたが国境で苦労なさっているのは十分承知しております
      あなたにもしものことがあったら、私ばかりどうしていつまでも生き長らえていられましょうか」と

       

       

       

       

      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
      ・魚傳尺素:魚は一尺の素絹に書かれた手紙を持ってくる。 
      ・魚傳:魚は(手紙を)持ってくる。この句の意味は「古詩」の「客從遠方來,遺我雙鯉魚。呼兒烹鯉魚,中有尺素書。」に基づく。
      蛇足だが、この「客從遠方來」のフレーズは、しばしば使われる。 
      ・尺素:手紙。一尺の素(しろ)い絹。
      漢代では、一尺の素絹に手紙文を書いて書簡としたことによる。

      中国歴代詩詞一覧表 詩詞世界 碇豊長の詩詞:詩詞年表 漢詩lidaishici nianbiao
       
      http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/nianlidai_mn.htm

      唐 五代 兩宋 詞人 年表  http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/nianb_mn2.htm

       

      回應