200808182327森昌子 - 長崎物語


森昌子 - 長崎物語 收錄於 森昌子  "十八歳の演歌・南国土佐を後にして~長崎物語" Lp黑膠唱片中, 1977年7月1日發行.


このアルバムまでは、懐メロですね。
「お別れ公衆電話」は おけいちゃんこと松山恵子の歌だけど、昌子が歌うとまるで違う感じ。
「祇園小唄」「野崎小唄」「波浮の港」もかなり古い歌だよね。それなのに完璧に歌ってるのがすごい。
「南国土佐を後にして」はペギー葉山さんの歌で、昌子ちゃんが1歳7ヶ月の時に生まれて初めてうたった歌です

長崎物語 本曲原唱為 由 利あけみ 在1934年(昭和14年)所發行單曲. 
歌詞部份主要是在說這位在西元17世紀初 じゃがたらお春 (雅加達阿春姑娘)於異國婚姻下,平戶海外千百里之岸邊,潮水起伏,手握金十字架思念故鄉媽媽的混血女阿春孤女的故事.     歌詞中的 "阿蘭陀"就是現在的 "荷蘭".

本曲早期被方瑞娥翻唱為台語的"三國誌",亦被60年代台語歌后級人物 林英美 翻唱為台語的"花語小姐"一曲 (亞洲唱片 未CD化).



長崎物語

作詞:梅木三郎          作曲:佐々木俊一 


赤い花なら 曼珠沙華
阿蘭陀屋敷に 雨が降る
濡れて泣いてる じゃがたらお春
未練な出船の あゝ鐘が鳴る
ララ鐘が鳴る

うつす月影 彩坡璃
父は異国の 人故に
金の十字架 心に抱けど
乙女盛りを あゝ曇り勝ち
ララ曇り勝ち

坂の長崎 甃路
南京煙火に 日が暮れて
そぞろ恋しい 出島の沖に
母の精霊が あゝ流れ行く
ララ流れ行く

*歌詞請勿複製,音樂禁止下載!   尊重智慧財產,請購買原版品。
*LYRICS DO NOT DUPLICATE   ˙ MUSIC DO NOT DOWN LOAD
*歌詞はコピーしないで下さい˙ 歌曲はダウンロードしないで下さい
*著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています
*知恵の著作権を支えて下さい ˙ 原版の作品を買って下さい

 

平均分數:0 顆星    投票人數:0
我要評分:
回應
舊式音樂藏著您的回憶.........
推薦日誌連結
本週推薦單曲
好友的店
累積 | 今日
loading......
我的網站與日誌連結
目前在線人數
本站推薦歌曲
    沒有新回應!
關鍵字